> 銀行ローンとはどういったものなのか

銀行ローンとはどういったものなのか

銀行ローンとは現代の日本に存在する、消費者向けローンの一種です。
これは銀行ローンという名前から読み取れるように、
日本の法律の中で「銀行」として定められている事業者によって
融資が行われるものとなっています。

一般的な消費者向けの融資として知られている存在には
「消費者金融」というものが存在していますが、これと銀行ローンは
いくつかの点で明確に異なっています。

銀行ローンは総量規制の影響を受けない

まず最も大きな違いとなるのが
「銀行系ローンは総量規制の影響を受けない」ということです。

総量規制とは日本の法律によって定められている規制のことであり、
「個人の借入総額は原則として年収の三分の一までに制限される」というものです。

例えば年収が300万円の人なのであれば借入総額は
100万円が限度ということになります。
このことはそこまで大きな金額の借入を行う予定ではないというときには
大きなデメリットとして考えられないこともありますが、
その借入を行おうとしている人の職業によっては大きな影響を受けます。

専業主婦は借りれるの

もっとも大きな影響を受ける存在となるのが借入を希望する人の
立場が「専業主婦」であった場合です。
専業主婦の場合は基本的に収入は無いものとなりますので、
この総量規制下においては「借入をすることは出来ない」と判断されてしまうのです。

こうした人にとって、総量規制の影響を受けない銀行ローンは
非常に大きな価値を持つこととなるでしょう。
また同様に消費者金融と銀行ローンの大きな違いとなるのが、銀行ローンの場合の方が
消費者にとって好条件で借入ができるケースが多いということです。
こうしたローンは明確な資本を有している銀行、
つまり資本的な体力が多い銀行によって行われるものとなっていますので、
通常の消費者金融よりも好条件の借入が出来ることが多くなるのです。
こうしたメリットがある反面、一般的には銀行ローンの審査は
消費者金融よりもやや厳しい傾向にあるともいわれています。

借入を行う金額によっては本人もしくは配偶者などに安定した収入があることや、
返済に使用できる財産などを保有していることが求められることもありますので、
場合によっては注意が必要です。